メニュー

各種検査について

血液検査・尿検査

通常の採血・採尿だけでなく、ごく微量の血液採取で以下の検査が可能です。
 
当日に結果がわかる項目
・血糖値
・血液のさらさら度:PT-INR
・心筋梗塞のマーカー:トロポニンT(定性)

レントゲン

制御コンピューターを導入し、より鮮明な画像が得られるデジタルX線撮影装置を使用しています。受診者のX線放射線量の低減化を図り、フィルムはパソコンで全て管理されます。骨折や肺や心臓の異常など様々な病気の検出に有効です。

心電図

心臓の働きを調べる検査です。あおむけにベットに寝ていただき手足前胸部に電極をつけ電圧の変化を心電計に記録します。痛みは全くありません。不整脈、心筋梗塞、心肥大、心膜炎、狭心症等の心臓病が主にわかります。
 
当院では自転車エルゴメータにて多段階運動負荷試験も施行出来ますので、狭心症の精査や運動耐容能の評価も可能です。

超音波検査(エコー)

超音波を利用して人体の深部をデジタル画像化する検査方法で全く痛みはありません。心臓の動きや心臓の弁の病変、血管系の病変、動脈硬化・隠れ脳梗塞などの発見にも有効です。生活習慣病対策に役立ち、早期発見、適切な治療に結びつけることができます。また腹部のエコーでは、脂肪肝や胆石などの早期発見にも有効です。

24時間心電図検査

動悸やめまいがするのに問題がないといわれたことはありませんか?24時間心電図検査は病院に通院していない時間帯の心電図も記録することができますので、隠れた不整脈や狭心症といった心臓病の発見に有効です。

血管年齢検査

血管年齢は、当院のPWV検査(心臓の拍動が伝わる速度から、血管の硬さを調べる検査)で判定することができます。検査の手間や時間はかからず、結果もすぐに出ます。
自覚症状がなく、日常の中では意識しにくいからこそ、定期的に血管年齢を調べることで生活習慣の改善を意識しやすくなります。また、徐々に血管年齢が若返ってくると、結果を見るのが楽しみになってくる患者さんもいらっしゃいます。

骨密度検査

kensa_img_16
骨密度とは、一定の体積あたりの骨量のことをいいます。17歳頃までは骨を作る働きが大変活発な時期で、骨量はピークをむかえます。骨量の減少は生理的なものですが、20~30%減少すると骨折しやすい状態となります。この状態を骨粗鬆症(骨そしょう症)といいます。骨粗鬆症が進むと背骨が重みに耐えられなくなって骨折してしまうこともあります。(圧迫骨折)最近腰が痛い、腰が曲がってきた、背が縮んできた気がする、足元がふらつく、こんな症状が現われたら、一度検査することをおすすめします。

肺年齢検査

肺年齢とは一秒間に吐ける息の量(一秒量)から、標準の方に比べて自分の呼吸機能がどの程度であるかを確認して頂くための目安です。
一秒量の標準には、性別・年齢・身長によって異なり、20歳代をピークに加齢と共に減少します。肺年齢を知ることで肺の健康意識を高め、健康維持や禁煙指導、呼吸器疾患の早期発見・治療が可能です。
 
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME