メニュー

プラセンタ注射

プラセンタは英語で『胎盤』という意味で、ヒトの胎盤成分を精製したものを治療に用います。 胎盤は、胎児の発育のためには必要不可欠なもので、胎児への栄養補給のための栄養素が豊富に含まれています。

タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素、ビタミン、ミネラル、各種酵素によって構成されております。

本来は更年期障害、肝機能障害の薬として厚生省認可を受けている薬ですが、健康な方への投与で、 疲労回復、肩こり・腰痛改善などの様々な効果があることも報告されており、最近では美肌効果が注目されています。

 

プラセンタ療法の効果

これまでに、様々な疾患に対する効果が報告されています。

肝機能の改善、更年期障害、慢性疲労、アトピー性皮膚炎、肩こり、冷え性、

不眠、 皮膚の不調(しみ、しわ、にきび、肌荒れ)など

*治療効果には個人差がある事をご了解下さい。

主な薬理作用は、次の通りです。

  1. 自律神経やホルモンのバランスを整える
  2. 免疫力を強化するほか、その働きを正常に保つ
  3. 基礎代謝を活発にし、細胞や臓器の働きを高める
  4. 血行促進作用
  5. 肝臓の働きを強化し、解毒作用を高める
  6. 活性酸素による酸化を防ぐ
  7. 抗炎症作用

 

プラセンタ注射の方法

腕に皮下注射します。

症状に応じて、週に1〜2回行うと効果が実感しやすいと言われますが、

経過によっては、2週間や1か月に1回など、頻度を変更されても問題ありません。

 

診療料金

注射は原則として、自費診療となります。

■注射一回 1A 1500円(税込み)

(慢性肝疾患による肝機能障害、更年期障害の方は保険診療になることがあります)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME