メニュー

物理療法

 IMG_3786    image1 (1)    0

 
物理療法とは
 『物理療法』とは、電気や光線や超音波、温水・冷水の熱などの 物理的なエネルギーを利用し、治療をするものです。 物理療法の目的は、痛みの緩和、リラクゼーション、 むくみ・循環の改善、運動療法を効果的にするための準備などがあります。
 
物理療法の目的
 
温熱療法 患部やその周囲を温めることによって疼痛の軽減、筋肉や軟部組織の緊張状態の改善、血流状態の改善を図ります。温めることで精神的にもリラックス効果を得られることも期待されます。
電気刺激 治療的電気刺激(TES)や経皮的電気神経刺激(TENS)、機能的電気刺激(FES)等があります。TESでは神経筋接合部を刺激することで筋収縮を起こし、痙縮の改善や筋力増強を図ります。TENSでは疼痛を感じさせている神経を刺激することで神経ブロック効果により疼痛を軽減させることを目的に施行されます。FESでは筋肉の支配神経を刺激することで筋活動を促し、歩行運動など合目的な筋活動を引き出す目的があります。
超音波 超音波による温熱効果として、組織の柔軟性改善、疼痛改善、血流改善が挙げられます。非温熱効果としては、炎症の治癒促進、浮腫軽減といった目的があります。
光線療法
(レーザー)
限局した部位の非温熱効果が高く、疼痛改善や創傷治癒の目的があります。
牽引療法

椎間孔や椎間関節の離開を通して神経根の除圧を行います。また周辺軟部組織の伸張・マッサージ効果によって循環改善・疼痛改善を目的とします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME